南くりこま高原 一迫ゆり園

○南くりこま高原一迫ゆり園の沿革

 昭和63年、特色ある町づくりをはじめようと、旧一迫町の若手有志15人が「町おこし会」を立ち上げたことから始まりました。一迫にはヤマユリやその他のユリ科植物が多数自生していることから、ユリをテーマに研究を重ね、会の名称も「町おこしユリの会」と改め、本格的な活動がスタートしました。

 会員の職種も多岐に渡り、その多様な職種のノウハウを十分に活かし、平成2年には試験園を開園。翌平成3年には会員手づくりの「南くりこま高原・一迫ゆり園」が完成しました。今では毎年多くの来園者を迎え、市の観光産業の一翼を担っております。
 また、収益金の一部で地域づくり団体や、花をテーマとしたまちづくりを行う団体への支援事業を行ってきました。

 現在は30,000平方の園に拡張。「ヤマユリ」や「ヘメロカリス」も植栽し、6月中旬から7月下旬までユリ約200品種15万球、ヘメロカリス約50品種2万株が美しい花や香りで、訪れた人々の心を和ませてくれます。


 

フェイスブックにて、園の様子を紹介しています。

 

平成5年度 宮城地域づくり大賞「スピリット賞」受賞
平成6年度 地域づくり団体自治大臣賞受賞
平成14年度「日本のかおり風景百選」認定
平成20年度「日本花の公園づくり大賞」受賞


●所在地● 宮城県栗原市一迫真坂清水堰田 《アクセスマップはこちら
●TEL● 0228-52-4551(閉園期間中は会員の携帯電話に転送されます)
●E-mail● メールフォームにてお問い合わせを受け付けております。

 

【入園料】 一般 高校生および小中学生
一迫ゆり園 1名 670円 310円
団体(20名〜) 535円 250円
山王史跡公園
あやめ園との
共通入園券
1名 1,030円 500円
団体(20名〜) 820円 400円

※あやめ祭り閉園後、共通入園券の販売は終了となります。

【開園期間】20 16617日〜 7月下旬
  ※花の見ごろは6月25日頃から7月中旬頃となります。
【開園時間】8時30分〜17時00分